フリーランスの仕事と働き方

フリーランスで働こう!

興味アリ?フリーランスの仕事

どういう働き方がいい?

フリーランスの仕事は自由度が高そうなイメージがありますが、同じフリーランスでも働き方をどう選択するかによって自由度が大きく異なる場合があります。在宅型のフリーランスは確かに自由ですが、仕事のモチベーションを一定に保つことが難しく、効率が落ちてしまうことも少なくありません。その点、常駐型なら仕事とプライベートの空間をしっかり分けることができるので、働く頻度さえ調整すれば在宅型より自由な時間が増えます。

  • 常駐と在宅ならどっち?

    フリーランスと聞くと、好きな時に好きな場所で働く自由人のようなイメージを持たれることがありますが、会社員と同じく通勤している常駐型のフリーランスも大勢います。常駐型の場合、契約期間中の報酬は月単位で確保できるため、在宅型よりも収入を安定させられるというメリットがあります。スキルや経験という点でも在宅型より常駐型のほうが求められるハードルは低めの傾向があるため、在宅型を目指して常駐型で経験を積むという方法もあります。 MORE

  • もっと自由度の高い働き方って?

    在宅型で働くことがフリーランスの仕事の中で最も自由度が高そうに思えますが、自由だからこそ時間の使い方が難しく、結局は会社員として働く以上の時間を仕事に費やしてしまうことが少なくありません。自分のペースで作業を進められるという点はメリットですが、自由な時間が予想以上に作れない可能性もあります。仕事とプライベートをしっかり分けて、自由な時間を確保したいと思うのであれば、週に2~3回の勤務のほうが効率的に働けるかもしれません。 MORE