フリーランスの仕事に対する考え方

フリーランスで働こう!

興味アリ?フリーランスの仕事

難しく考えすぎてない?

難しく考えすぎてない?
LINEで送る
Pocket

選ばれし者の働き方?

「フリーランスになるってきっと大変!」と、自分には無関係の遠い話だと考えている人はたくさんいると思いますが、本当にそうなのでしょうか?もしかすると、フリーランスになるのは到底難しく、なれるのはごく一部の人たちだけという印象ばかりが強くて、実際のところはよくわからないという人も多いのではないでしょうか。そんな人にこそぜひ知っていただきたいフリーランスの仕事について、このサイトでいろいろとお伝えしていきたいと思います。

まずはスキルの基礎を整える

フリーランスになることがいくら難しくないとはいえ、フリーランスとしてやっていけるだけの専門スキルは必要です。分野としてはIT系が独立との相性が良く、プログラマーなどのエンジニア、ウェブサイトのクリエイター、ライターなどは、フリーランスが多く活躍している分野。それらのフリーランスの多くは、どこかの企業で数年働いた経験がある人がほとんど。しかも、大企業、有名企業、人気のベンチャー企業など、名前を聞けば誰もがあっと驚くような企業ではなく、業界内で決して目立つとは言えないような企業の人も大勢います。
大切なのは、各分野の専門スキルの基礎を実践で身につけること。プログラミングやデザインなどのスクールに通った経験があったとしても、実務経験がなければフリーランスとしての強みにはならないのです。ライターに関しては、スキマ時間の副業から、徐々にスキルアップして本格的に独立という人も多いようですね。フリーランスを目指すなら、2~3年は企業でスキルを磨きましょう。一生続けられるとは思えないような企業だとしても、独立を目標に掲げれば頑張れるかもしれません。

人脈はないよりあったほうが断然いい

独立を目指すなら、その日から意識しておきたいのが人脈作り。確固たる人脈がある人は、フリーランスになってからの安定感が違います。ただし、自分のメリットになるからという動機だけで人に近づくのではなく、いろんな人とつながりを持って仲良くしておくという程度にとどめましょう。あまりにも打算的な感じがすると、かえって警戒されてしまうので要注意ですよ。

なると決めたら努力と忍耐

会社を辞めるのも独立するのも勇気がいることです。年齢的にもう後がない人はなおさらかもしれませんね。失敗したらどうしようと不安になることもあるでしょう。フリーランスになりたいと思ったら、誰でも簡単になることはできます。ただし、続けていけるかどうかは全く別の話です。ずっと活躍できるフリーランスになるためにも、フリーランスになるまでの準備期間を大切に、経験から少しでも多くのことを吸収できるようひたすら努力しましょう。

サイトへのご意見・ご感想などあれば、以下のメールフォームよりお願いします。

【興味アリ?フリーランスの仕事 メールフォーム】