チェック!フリーランスの仕事によくある職種

フリーランスで働こう!

興味アリ?フリーランスの仕事

フリーランスに多い職種は?

どのような仕事をするのも個人の裁量で自由に行えるのがフリーランスの良いところですが、フリーランスの仕事としての相性が良い職種とそうでない職種があります。フリーランスに多い職種として、システムやソフトウェアなどの開発に携わるプログラマー、ウェブサイトの制作全般に携わるクリエイター、新聞や雑誌、ウェブサイトなど、さまざまな媒体で活躍できるライターの3つと、それぞれの職種の仕事内容についてご紹介します。

  • プログラマーの仕事内容を見てみよう!

    フリーランスに多い職種といえば、真っ先にプログラマーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。プログラマーはIT職種の入り口としても人気が高く、将来システムエンジニアを目指したい人にもおすすめです。主な仕事はプログラミング言語を使ってシステムを組み上げていくことですが、ただ単純にプログラミング言語を打ち込むのではなく、テストをしてはバグを見つけ、修正してはまたテストを繰り返すという地道な作業が伴います。 MORE

  • クリエイターの仕事内容を見てみよう!

    ウェブサイト制作を行うクリエイターは、フリーランスに多い職種です。デザイナーの仕事と間違われることもありますが、それぞれ役割が異なります。クリエイターは、ウェブサイトの制作依頼を受けて詳細な要望をクライアントから聞き取ります。それを受けてウェブサイトのコンセプトを決定し、デザインやコンテンツについて煮詰めていきます。クリエイターになるためには、ウェブサイトに関する知識はもちろんのこと、高いコミュニケーション力が求められます。 MORE

  • ライターの仕事内容を見てみよう!

    ライターの仕事はかつてなく需要が増えています。その背景には、スマートフォンの普及によって消費されるコンテンツの量が大幅に増えたということがあります。ライターの仕事は紙媒体とウェブ媒体がありますが、ウェブ媒体の間口は広く、初心者がチャレンジしやすい環境が整っています。自分の得意分野があればそれを強みにできるでしょう。経験を積んでライターとしてのレベルが上がると、さらに多くのことを任せてもらえるようになる場合もありますよ。 MORE