フリーランスの仕事によくある職種「クリエイター」

フリーランスで働こう!

興味アリ?フリーランスの仕事

クリエイターの仕事内容を見てみよう!

クリエイターの仕事内容を見てみよう!
LINEで送る
Pocket

クリエイターの仕事

ウェブサイトやウェブコンテンツを制作するクリエイター。名前の響きからしてカッコいい感じがしますよね。正社員として企業に所属するクリエイターもたくさんいますが、フリーランスになっても働きやすいのがこの仕事の特徴なので、フリーランスの仕事に関心がある人にとって気になる職種のひとつかもしれませんね。知りたいことは何でもすぐ検索の時代。ウェブコンテンツをしっかり作り込むことは、多くの企業にとっての重要課題です。優秀なクリエイターがいると聞けば、どこの企業も喉から手が出るほど欲しくなるのも無理はありません。

クリエイターとデザイナーとの違い

システムエンジニアになる人が元はプログラマーだったということがよくあるように、クリエイターになる人は、デザイナーからスタートしている人も少なくないようです。クリエイターはよくデザイナーと間違われてしまうことがありますが、どちらもウェブサイト制作に携わる職種とはいえそれぞれの役割は別です。クリエイターは、ウェブサイトを作りたいクライアントから要望を聞き取って、どんなウェブサイトでコンテンツをどうするかなど、ウェブサイト全体について考えます。一方のデザイナーは、ウェブサイト全体のコンセプトに沿って、ウェブページのデザインを行います。デザインの中には、画像やイラストの配置なども含まれます。簡単にいえば、クリエイターはウェブサイトの見た目と中身を、デザイナーはウェブサイトの見た目を担当するということなんですね。ウェブサイト制作とは無関係な人からすれば、どちらの職種もそんなに変わらないように思えることですが、当事者にとっては大きな違いです。

ウェブサイト制作についての幅広い知識が必要

サイトの見た目の部分を担当するデザイナーは、クリエイターがクライアントから聞き取ったコンセプトに合うデザインに集中します。デザインの問題はクリエイターにとっても重大関心事ですが、コンテンツの中身についても深く切り込んでいかなければならないので、デザインばかりに気を取られているわけにはいきません。クライアントが伝えたいことをただ伝えたいままサイトにしても、ユーザーの気をひくことができるとは限らないのです。コンテンツのSEO対策、宣伝方法など、自分の知識とアイデアだけで対応できないこともあるでしょう。そんな場合には、ほかの部署やそれぞれの分野のスペシャリストの知恵を借りてプロジェクトをまとめていきます。クリエイターになると、ウェブサイト制作についての幅広い知識が求められるということなんですね。やるべきことが多くて大変にも思えますが、大変なぶんだけ大きなやりがいを感じることもできますよ。