フリーランスの仕事によくある職種「プログラマー」

フリーランスで働こう!

興味アリ?フリーランスの仕事

プログラマーの仕事内容を見てみよう!

プログラマーの仕事内容を見てみよう!
LINEで送る
Pocket

プログラマーの仕事

フリーランスの仕事に興味がある人の中には、プログラマーを意識している人も多いのではないでしょうか。プログラマーといえば、パソコンに向かってカタカタと素早く文字を打ち込んでいるイメージがありますよね。そうして打ち込んでいるのは「プログラミング言語」と呼ばれるコンピュータ専用の言葉。人間の言葉と同じでさまざまな種類があります。プログラマーは、それらプログラミング言語を使ってシステムを作るという職種です。
プログラマーが作ったシステムやソフトウェア、アプリケーションがどこでどのように使われているかなど、普段あまり意識しないかもしれませんが、実は生活のありとあらゆる場面で活用されているんです。家の中を見わたせば、テレビや冷蔵後、電子レンジなどの家電、スマートフォンなど、毎日使っているものの中にもシステムが組み込まれています。インターネットで買ったものがすぐに届くのは物流システムがあるからこそです。それらさまざまなシステムが日々作動してくれているからこそ、私たちの快適な生活が成り立っているということなんですね。

バグ探しも重要な仕事

プログラマーは、仕様書をもとにプログラムを組むわけですが、書かれている通りにプログラムを組んだとしても、必ずと言っていいほどどこかで「バグ」と呼ばれる不具合が発生するものです。バグが発生しないようにプログラムを組むというのは現実的ではないので、いかにこのバグを見つけるかが重要なポイントになります。プログラマーは、プログラムをただ組むだけではなく、何度もテストをしてバグを見つけ、修正してはまたテストという流れを繰り返します。テストに何ヶ月もかかってしまうことがあるので、プログラミング技術だけでなく根気と忍耐力も必要ですね。
プログラムの仕様書を作るのはシステムエンジニアの仕事ですが、プログラミングについて細かく指定されていないというのはよくあることです。そうなると、プログラマーの持っている知識と技術で仕様に近づけていかなければならないので、アルゴリズムに関する知識をしっかり身につけておくようにしましょう。

ベテランのプログラマーになるとよくあること

プログラマーとしての経験値が上がると、システムエンジニアとしての役割を求められるようになることもあります。システムエンジニアとプログラマーの役割をしっかり分けている職場ももちろんありますが、ベテランプログラマーになればなるほどシステムエンジニアとの境目がぼやけてくるかもしれません。求められる業務範囲が広がって大変かもしれませんが、プログラマーから一歩先のキャリアへと進むチャンスにもなります。